2015年度 副理事長方針
副理事長 横川 雅也

~理想の実現に向けた新たな歩み~





 比企青年会議所は、1981年に「英知」と「勇気」と「情熱」をもった青年達により設立されました。以来、先輩諸兄の気概と覚悟のもと、想いが受け継がれ、本年度、創立35周年という節目の年を迎えるに至りました。
 まず、先輩諸兄の気概と覚悟のもと、現在の青年会議所があることを、我々は心に刻み、忘れてはなりません。そして、その「想い」を胸に、私たちの理想である「明るい豊かな社会の実現」という発想の原点を見つめなおすことが比企青年会議所の「新たな価値」を生み出す一歩になるのです。

【創立35周年 ~比企の未来(あした)を発信する時~】
 本年は、創立35周年の記念すべき年であり、公益社団法人としての新たな歩みが始まる年でもあります。この節目の年となる本年、我々は、今一度、このまちにおける我々自身の立ち位置や運営方法について考えると共に、この地域に真に必要な団体となるべく積極的な変化に挑戦してまいります。
メンバー全員が創立時からの「熱い想い」をもう一度再認識し、新たな一歩を踏み出すために、比企青年会議所の中期的な活動のビジョンとなる「理想的な比企のための5カ年計画」を打ち立て、「35周年記念式典」、「記念事業」を通して、その活動のビジョンを比企地域に発信してまいります。
 新たな活動のビジョン策定にあたってのテーマは、「イノベーション」です。
 我々の活動の可能性、そして何よりも我々の「進取の気概」を比企地域に発信するために、35周年実行委員長として「記念式典」、「記念事業」をLOMメンバー全員で一丸となって創り上げてまいります。
【理想のまちづくりを目指して】
 まちづくり団体として35周年を迎える団体として、我々の今後の活動の方向性を示すべく、我がまち比企の中期的な活動のビジョンとして「理想的な比企のための5カ年計画」を策定いたします。
 統一された意識のもとに事業を展開していくことが、メンバーや住人の意識変革を生み、比企の地域性を磨き輝かせる大きな原動力となるはずです。
この計画は、LOMメンバー一人ひとりが統一された意識のもとで、継続的な活動をしていくためのビジョンを示すものであり、今年で4年目を迎える他団体との協働事業も含め、我々の活動の可能性を大いに拡げ、発展的な方向へと導くためのものでなくてはなりません。
 この計画策定におけるテーマは、比企地域におけるまちづくりの「イノベーション」を創造することです。創始の精神に立ち返り、LOM設立時の先輩たちがそうであったように今一度、大きな視点を持ち、我々の活動の裾野を広げることで、硬直化した事業内容からの脱却を目指します。
 この比企の地域性を磨き輝かせるために新たな歩みのプランを全力で創りあげてまいります。

【全員参加で挑む仲間づくり】
 比企青年会議所は、ここ数年で経験豊富な多くのメンバーが卒業を迎え、メンバー数の減少が深刻な問題となっています。
 本年度は、活動エリアの広い比企青年会議所ならではの拡大体制を整えるべく、「地区担当制」を設けることで全メンバー参加型の拡大活動を導きます。
 拡大活動に重要なのは、「LOMのため」だけではなく、「新たな仲間たちのため」に行う拡大活動であるということです。そして、新たな仲間たちが入会後に「参加することが楽しく、わくわくする」LOMであることが重要です。
 そして、このことこそが志を同じくする仲間を増やす第一歩なのです。
 2015年度も引き続き、新たな仲間の増員が急務となります。この記念すべき節目の年に、比企青年会議所という組織の活性化を図れるようLOMメンバー全員と「進取の気概」を持って、全力で拡大事業を展開していきます。

 比企の明るい未来(あした)のために、新たな可能性と出会いを求めて。

----------------------------------------------------------
2015年度 副理事長方針
副理事長 宮寺 進

~運動を前に進める時~





 青年会議所の活動は、同じ地域に住まう仲間が集まり組織的に行っています。我々の目指す「明るい豊かな社会の実現」は、志を一つにして一人ではできないことを、積極的に力を合わせ、自らの行動と他者からの共感をもって目的を達成していきます。その姿勢は昔も今も変わりません。
 本年は35周年という節目にあたり我々自身が今までの活動を再確認する機会であり、地域の皆様に我々の活動を再認識してもらえる機会でもあります。今日まで築き上げてきた運動を前に進ませ、地域に求められる存在になっていかなければなりません。

【自らの積極的な行動で示す】
 我々の理想は例会という姿で地域の皆様に発信させていただいております。本年度の目標を叶えるべく、それぞれの例会ではそれぞれの目的があり、「想い」を込めて真剣に作り上げて行きます。その「想い」を地域の人に感じてもらうには積極的に参加をしてもらうことが重要であり、そのためにはLOMメンバー一人一人が「自覚」と「責任」をもって行動していかなければならないのです。
 広報活動は、我々の活動を広く知ってもらう方法として重要であると思います。情報網が整備されている現代では、伝える手段は沢山ありますが、ただ情報を流しているだけでは「想い」は伝わりません。「想い」を伝えるためにはLOMメンバーが積極的に自らの行動で指し示さなければならないのです。
 また、LOMメンバーが青年会議所の一員として意思を表明できるのが、最高意思決定機関である総会です。総会は全員で参加し、LOMとして理想実現のための方向性を全員で決める場です。そこで決まった方向性こそが我々の行動を明確にできるのです。
 一年を通してメンバー全員で「進取の気概」をもち、理想実現に近づけるよう進めて参ります。
【笑顔を絶やさない青少年の育成】
 「明るい豊かな社会の実現」、我々メンバーが目指す理想はこの言葉に表現されています。
 現在の我々を取り巻く環境は必ずしも明るい話題に囲まれているわけではありません。それゆえ、一見すると、私たちの理想が全く実現されていないようにも思えますが、地域の未来を担う大切な宝である子供たちに目を向けてみると、そこには笑顔が溢れています。この笑顔を絶やさず健全な成長を促していく運動が我々の使命であると考えます。
 子供たちだけではなく笑顔の多い地域には豊な気持ちで満ち溢れていることでしょう。しかし、本物の笑顔は「楽しい」だけでは作れません。様々な経験を通して「学び」、人と人との「ふれあい」の中から自然と溢れてくるものだと私は思います。そして、「学び」とその「ふれあい」から生まれた笑顔が自然と「まち」の礎となるように、我々自身が積極的に行動しなければならないのです。私たちの住む地域から「未来への明るい希望」を絶やさぬこと、それが社会全体を理想に近づけるものと確信し、「進取の気概」を持って行動してまいります。